実際のトレード

実際のトレード

実際にノートパソコンのディスプレイの前に座ってリアルタイムで上がったり下がったりしているマーケットを見てしまうと、すぐにトレードをしなくてはいけないという抑えようの無い感情に煽られる方も少なくないだろう。

 

だがしかし、不確かな思いで売買するのだけは断じてしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、為替相場は昼夜を問わずいずれかの為替相場が関いているしレートも休みなく上がったり下がったりします。

 

しかしながら、何度も取引をするとその分だけ損失を被る率が高まってしまう。

 

確かにトレードの回数を増やすことによって、トータルで勝つ可能性が五分五分になるのは事実。

 

けれどもその事実は「なんとなく勘でエントリー」とは話が違います。

 

トレード回数を積み重ねるということは「ここがチャンス」と直感した時機を得られたうえでの売買回数を積むという意味です。

 

ただ何となく、のべつ幕なし売り買いを積むのとは大きく違います。

 

為替相場の戦いに負けないためには、けじめをつけることこそが肝心です。

 

「ここは!」と感じた外国為替相場の時には覚悟を決めて保持ポジションを増やして積極的に利益を追求します。

 

「だいぶ頭をかかえる外国為替相場でどう変化するのか読めないな」と思い至った時は持っているポジションをひとつも残さないで閉じて放置します。

 

それぐらいの緩急をつけた方が売り買いは成功します。

 

マーケットの格言には「休むも相場」というものがある。

 

実に言葉どおりだと感じます。

 

取引とはいついかなる時でも売買ポジションを保持する事がすべてではなく、ポジションを所有せずじっと待っている事も状況によっては、外国為替相場です。

 

そうであるならば、どのタイミングで休めばいいのでしょうか。

 

ひとつめは、前述したように、現在の市場がはっきりと難しいときです。

 

ここから高くなるのか安くなるのか明確でない時は、分からないまま行動すると、自分の作り上げたシナリオとは反対の方向に相場が変化してしまい、損する事になってしまいます。

 

そうした場合はポジションを減らして何もせずに静観しているのが唯一出来る事です。

 

2番目に、己の体調があまりよくない時です。

 

体の状態と為替相場に何の影響も与えないと思う方もいるだろうが。

http://maruta.be/mpsbqb

案外関係あります。

 

体の状態が悪い時は外国為替相場の決断しなければいけないところで正しい決定ができません。

 

やる気がわかない時は外国為替相場から距離を置くことも大事なことだ。

 



関連記事

  1. 東京都の興信所|完全無料で法律相談であったり一括でのお見積りとか...。
  2. 家族団欒のスペースを作りたい!
  3. 飽きっぽい自分がココナッツオイルを毎日続けられる理由
  4. サイトの使い方
  5. ショッピングセンターで、すれ違った。
  6. 実際のトレード